闇スロで大切にすべき知識

闇スロには設定があります。基本は6段階ですが、機種によっては4段階等の場合も存在。

高くなるほど稼げる確率も多くなるのは、周知の事実かと思いますが、それをおいそれと打てるほど状況が良い闇スロは、あまり存在していないのが実情。

つまり「如何にして、状況の悪い場所で勝つか」とゆう事が、重要なポイントになってくるわけ。そういったホールで、上手に立ち回る為の方法を知る事が、必須条件。

例えば、私の場合は「宵越し狙い」等をよくやります。また、いわゆる「ハイエナ」も行うけど、低設定の闇スロはこういった立ち回りが、非常に重要。

宵越し狙いに関しては、「変更時にもゲーム数がリセットされない台」が第一候補となりますが、前日の止めゲーム数を見て狙える台を選ぶスタンスが、これまた基本中の基本。

ハイエナについても同様に見て決める為、まずは基本的な知識を覚えましょう。闇スロだろうと、知識習得をおろそかにしちゃあ、絶対に稼げませんぜ。

青山敏弘ほど稼げれば良い

青山敏弘、彼の年棒は?「また?」何その反応...;駄目?「駄目っつーかさ。お前はサッカー選手の、年棒しか興味ねー訳?」

そう言われようが、ほら、やっぱ他人がどれだけ稼ぐか、興味湧くじゃん。青山敏弘さん、幾ら位かなぁ。1億?

「確か5000万」凄っ!やっり青山敏弘氏は違うよ。本当、羨ましい。「でも、毎日練習よ?お前、耐えれる?」

私は不可能!スポーツ無理で、努力とか全然する気になれん。楽して稼げれば、それで十分かなぁ...;。「外道発想、最低」けど、普通そうやろ?

皆、嫌な仕事やきっつーいお仕事、やるの嫌だべ?「そりゃ...;かといって、誰かがやらにゃ、結局は片付かん!」私はそーゆ?の、人に任せ、後ろでのんびりくつろぎたい。

「お前...;」ともかく、青山敏弘氏みたく、稼げるイケメンと結婚したい!「間違っても、貴様の様なダメ人間とくっついちゃあかんわな...;」

そう?でも、結局、顔が良ければ許される。上っ面社会だよね。「随分、卑屈な価値観をお持ちっすね」

スポーツバー 東京に興味を持つ

にしても、スポーツバー 東京、多いわねぇ。「地元、高円寺にもちらほら点在し、結構迷わず行けるレベル」

でもさぁ。普段、行く機会ねーから、ぶっちゃけ店選びが面倒よ。

「口コミや、レビューを頼りにすれば?今、ネットで店の名前入れれば、スポーツバー東京ならすぐ分かる筈。ぐるなび等」

私はそーゆーの使わず、ぶっつけ本番で行くタイプだからなぁ。「...はは、でも、それじゃ実際どーゆーお店か分からず、スポーツバー 東京選びも困りそう」

ねぇ。本当、普通に居酒屋でさえ困るからさぁ。「いつもはどこへ?」金の蔵、和民。「定番」何処にでもあり、同じメニュー、金額、内装変わり映えせんのが特徴よねぇ。

「スポーツバー 東京の方がえーなぁ」普段からよほど見るならともかく、何も無い時期に楽しめるのは、やはりファン位じゃねーと...。

「んー、だよなぁ。困ったわ」ん?「ほら、結局、どーするわけ?」ま、現地でブラつき、決めればえーよ。「適当...」悩まず、気楽気分で楽しめればOK。