夫 残業 浮気する以前なら

困った。「一大事ね」夫 残業 浮気され、不孝重なり、パートも辞める展開に。「じゃあ、どーする?」仕事探そう。「ちょ、重要な問題を、先に片すべきじゃ?」

無論、夫 残業 浮気、許せぬ訳よ。忌まわしき状態。けど現状、彼はそれを隠し続け、私へ話そうともせず。気付かれた雰囲気さ、察っせれず。

「哀れ」残念。何故もっとお互い見つめ合えず、理解出来なかったのかと。「でも彼、仕事に恋する人間よ?家庭?あくまで寝床なだけ」

黙って。そりゃ...一切家手伝わず、全然自分へ構わず、身勝手な馬鹿。夫 残業 浮気もするし。けど!「何?」少し、魅力も...。「何処に?」

ふぅ。多分、真面目なところ?「冗談?」真面目よ。「夫 残業 浮気する以前なら、説得力あった」畜生、じゃあ褒めれるとこゼロ。

「別れれば?お互い、将来も長く、全然やり直し効く筈」自分が切り出すべき?「無論」勘弁。滅茶苦茶、面倒。

「じゃあ黙る?」嫌。「後回し、絶対駄目」うぅ。自分、逃げ道が毎度ありません「我慢我慢。絶対幸せ来るさ」

タカリと思う感じが駄目

北海道の七夕は、本州から1カ月遅れの8月7日。

私が小さい頃は、まだ子供が多かった為、同じ町内会の子供たちと一緒に、ご近所を回り「ろうそく出せ」と歌う、日本版ハロウィンのごとく練り歩いたものです。

もちろん来る事が分かってるから、どの家もロウソクとお菓子を用意してくれてた。ところで昨日は、その七夕。

子供もおらず、気にもしてなかったけど、傘を差した小さい子2人がピンポンして突然「ろうそく出せ」を歌い始めた。

「は?」と思い、保護者を出させ丁重に断った。ってゆうか、普通やるなら町内会単位で来るものだし、どこぞの馬の骨に、なんでお菓子をやらなきゃいけねーんだよ。

我が家を含め、新築注文住宅が立ち並ぶエリア狙いの、貧乏人のタカリか?窓からチラ見すると、手当たり次第に次々と家を回っては、断られてるっぽかった。

恥ずかしくないのかね?旦那に言ったら「ホラーだ」と怖がってた。

セレブ感漂うココチ プレミアムソープ、もう手放せないわね。

チケットや招待券、お酒etc....リッチなネーミングで随分印象が変わるけど、「私、ちょっと贅沢してる」っつー気分が最高。

洗顔は毎日必ずするから、落ち込んでる時、テンションupのキッカケに!ココチ プレミアムソープと聞くだけで、心が弾む。

例え一瞬でも、豪華な雰囲気を味わえるんだから。まぁ、ラグジュアリーやデラックスも良いが、ココチ プレミアムソープこそ一番しっくりくると思うよ。

勿論、中身は大切。見かけ倒しの商品じゃ、リピートする人は皆無。プラス、思わず友人へ教えたくなっちゃう名前だもん、余計嬉しい!

そう言えば、鶯の糞。ずっと昔から、高級美顔品として有名。鳥のウンコで顔洗うのは、いくら効果絶大だろうと、少し抵抗あるでしょう?

現在も「ウグイスの粉」販売中みたい。ココチ プレミアムソープのように、今より素敵な名前が付いてたら、売り上げ倍増かも?

あ、思い出した。ジャコウネコの便から取れる、幻のコーヒーを飲んで、益々優雅になっちゃう?